金運

パワーストーンが壊れてしまったとき

パワーストーンの寿命
パワーストーンは天然のものであり生きています。
命あるパワーストーンは、その役目を終え寿命を迎えると壊れることがあります。

たとえば、ブレスレットのゴムが切れるといった壊れ方はゴムの劣化によるもので石そのものの寿命ではないため、ゴムを取り替えるなどのメンテナンスをすれば良いだけですが、石そのものが粉々に粉砕したりヒビが入ったりした場合は、それはもはや石の寿命といえます。
役目を終えたパワーストーンに最大の感謝を捧げ、樹木の根っこなどに埋めて土に返してあげると良いでしょう。
出来れば、汚染されていない綺麗な土壌なら完璧です。

パワーストーンの生命力
パワーストーンの生命力は強く、普通に使用していればめったに壊れることはなく、定期的な浄化をすることでかなり長い間、頼もしいパートナーとなってくれるものです。
そのパワーストーンが壊れるのは、やはり限界なのかもしれません。

せっかくのパートナーであるパワーストーンが壊れてしまうのは寂しくも残念なことながら、それだけ持ち主を助けてくれた証でもあり、さらに先へ進むためのステップでもあります。
今日まで一緒にいてくれたパワーストーンに心からの感謝を込めて見送り、次のステップで必要となる新しいパワーストーンとの出会いを期待しましょう。
また、誕生石のパワーストーンを探してみるのも良いでしょう。